顔と首は見栄えが重要

受付

レーザー以外の施術も選択肢に入れていく

顔や首の周りにできたいぼは手足にできた場合と違って目立ってしまうため、通常の皮膚科ではなく美容皮膚科を利用しなければいけません。その場合はたいていの場合炭酸ガスレーザーを使って治療を進めていくことになりますが、それ以外の施術もしっかりと視野に入れていきましょう。炭酸ガスレーザーは出費がかさみやすいため、いぼを消すのに余計な出費をしてしまう可能性があるからです。もちろんレーザー治療というものは傷跡を残さないという観点で非常に優れていますが、いぼ自体が体質によるものであった場合ははさみやメスでも対応できる可能性があります。液体窒素で固めて取るという、魚の目などとおなじやり方でも十分きれいにいぼの除去をすることもできるので、最初からレーザーしかないと決めつけないように気を付けましょう。いぼは、ウイルス性のものであった場合は慎重な切除が必要となるので、逆にレーザー以外のやり方にこだわるのもよくありません。自分の顔や首にできたできものの種類をしっかり確認し、納得できる切除方法を選んでいくことがトラブルを回避し、きれいに消すコツといえます。

いぼ切除をいきなり美容皮膚科に申し込んでもその日のうちに施術が受けられることはまずないので、そのことは前もって知っておきましょう。通常の皮膚科を利用するとその日のうちにいぼを切除してもらうことは十分に可能ですが、これはいぼの治療を最優先にしているからです。さらに言うと足の裏にできる魚の目や、手足、背中にできるいぼの場合は傷跡が残るかどうかを気にしすぎる必要がないため、割と大雑把に切除されます。しかし、美容皮膚科において最も重要なのは施術を行った後に傷跡を残さないことなので、それを第一目標にして治療を進めていくのです。そのため長いアンケートに答えなければならないし、医師からあれこれとカウンセリングで質問をされることになります。こういったことを理解して準備をし、申し込み手続きを進めていかなければならないことを知っておかなければトラブルになる可能性があるでしょう。だからといって病院を変えてしまうようなことをしてもいぼの切除はしてもらえないので、焦りすぎず、通常の皮膚科よりも時間がかかることをしっかり覚えておくべきです。

Copyright© 2019 目立つものを簡単に取り除ける方法を選択しよう All Rights Reserved.